しかし翔ぶが如くは面白いな。さすがシバリョウ。
ってだいぶ前に読んでるんだけど、もう細かいところは忘れてるからオッケー。
また楽しめる。

明治政府成立直後の征韓論から西南の役くらいまでの期間の話。
大河ドラマだと西郷隆盛と大久保利通が主役だったかな?

こっちの小説のほうはコレっていう主人公はいない。群像っていうのかね。
ただ時代の主役としてはやっぱ西郷、大久保がメインになってはくるか。

相変わらずストーリーものの小説って感じじゃなくて、司馬遼太郎自身が語り部となってこの時代がなんだったのかってのをコンコンと語ってくれる。

西郷、大久保、木戸孝允、江藤新平とかの大物と比べると、伊藤博文・山県有朋・板垣退助・大隈重信なんかの後年からみればそうそうたるメンツもちっちゃく見えちゃうね。読んでると。

特に山県有朋を、政治哲学も独創性もなく強烈な権力志向で、華族というモノを造って自分も貴族になり、元々は開明的性格だった明治政府を逆行させ、民権運動を徹底的に潰しにかかり、軍人勅諭なるものによって昭和軍人の暴走の原因をつくった明治憲法の破壊者、って感じに強烈に嫌悪感を持って書かれてるもんだから、アレだよ、維新の嵐をやる時はどの思想の誰でやっても、アアまずは長州の下っ端の山県有朋斬っとくか、って感じになるよ。




おー維新の嵐やりてーなー。




ただ、コレ読んでて唯一もの足りないのは、


「幕末までに死んだ人達が登場しない」


って事だね。

イヤ話には出てくるけど。島津斉彬とか他にも色々。でももうこの話の時にはいない人だからねぇ。

やっぱシバリョウ節で幕末の話を読ませて欲しくなりますわ。


と思ったら、あるじゃん!幕末のが!

「竜馬がゆく」

コレだ!忘れてた!



翔ぶが如くを読み進めながら竜馬がゆくを古本屋で集めるか。
やった。まだ読んでないのがあったぜ。


こういう気持ちって本に限らずあるよね。
好きな作家にしてもアーティストにしても、その人関係の興味あるやつは大体コンプリート気味になってきて、なんか寂しい気持ちになるんだけど、まだ自分の知らない作品があるのが分かってウレシくなるヤツ。

いやーオレはいまウレシイ。
だが眠い。
だから寝る。


cu-







b0037373_0562066.gif

[PR]
by Dusty1 | 2005-08-20 01:02 | 雑記
<< カムバーック!スコールズ!! PCパーツ買う貯金始めました。... >>