お休みの月曜日




etekingも翔ぶが如くを読んでいるとの事。


オレは読み終わっちゃったけど、いやーやっぱイロイロと感じるものがあるねぇ。
司馬作品は徹底して日本人が何なのか、ってのを教えてくれようとしてるね。
いや、日本人が何なのか、ってのをシバリョウが考えている過程を読者に細かく教えてくれる、というか。


それと、この小説を読んで明治初期の一時代が終わるっていう切なさを感じるとともに、描かれている歴史的人物たちの群像にワクワクドキドキもしちゃうね。
明治維新っていう日本の奇跡的な革命を成功させた人達だからね。




コーエーの三国志は初代からやってたけど、7までが限界で、それ以後のはやってない。
うろ覚えだけど3と4が面白かったかなー。
んで、7引っ張り出してきて武将作成しまくったよ。明治の人たちネタで。
データエディタまでネットで探してきて。コレがないと細かく作れないんだよね。

コレがまた楽しいんだねーうん。

んで、大隈重信は義理低めだろうなーとか、辺見十郎太最強じゃねーかとか、山県有朋の戦略傾向はやっぱ私欲型でキマリだな。とか。

あーコドモな事してるオレ。


ってな近況ですよ。



竜馬がゆくは結局買ってないもんだから、翔ぶが如くで明治初期を読んだし、次は日露戦争の坂の上の雲をもう一度読もうと思ってたんだけど、…ない。本棚にない。どこいっちゃったんだ。まったく。
坂の上の雲がまた傑作なのになぁ。コレはホントマジオススメ。
オレが薦めるのでマジオススメ。



まーその坂の上の雲がどっかいっちゃってるもんでとりあえずこの国のかたちを読んでるよ。タバコ中は。今3巻だ。
これは雑誌の連載をまとめた形のやつで、全10巻だったか。
1話というか1コラムが10ページくらいだからサクサクサクサク読める。
これ読み終わったらどうするかな。


坂の上の雲を探して、なかったら買うか。しかたない。
菜の花の沖が本棚にあるけど読んでないな。どうしようか。




ところでタバコで思い出したけど、オレマルボロ吸ってるんだけど、最近パッケージが変わったんだよね。
箱の下にドでかく注意書きが載ってるアレ。

あの箱になってからボックスのフタが閉まりにくくてしょうがないんですが、ソレってオレだけだろうか。
一回全開状態にすると脇の部分がじゃまで指で少し押さえてやらないと閉まらないこと多々。


まどうでもいいっちゃーどうでもいいんですがね。気になるですよ。




さーしょーがない華族じゃないや家族で買い物いってきますわ。
[PR]
by Dusty1 | 2005-10-10 12:48 | 雑記
<< 司馬史観 酔談 >>