むげじゅう

無限の住人

これは面白い。まだ終わってないからなんとも言えんケド。16巻でたのかな。

画力とセンスがスゴイ。完全に時代劇タッチなんだけど、読んでて何故か違和感なく入り込んでしまう。効果音とか「ゴッ!」じゃなくて「呉っ!」だったり、独特のセンス。超カッコエエ。初めて読んだ時はコレはちょっとした芸術だなぁとか思った。
どの登場人物もその人なりの業のようなものを背負っていて、正義とか、生き方とか、何が正しくて何が悪なのか、とかそういったものを全ての人達が自問自答しながら戦ってる。

この独特の世界はハマる人にはとことんハマるね。アフタヌーン系すげぇ。


余談だけど、パルチザンのK-Anotuさんは、ココが由来かな?ずっと気になってて、いつか聞きたいなぁと思ってました。
ちなみにオレは川上新夜が一番好きでした。


DPN、君の言ってた沙村 広明の「おひっこし」ね、ずーっと本屋探しててもなかったケド、アマゾンで一発で見つかったよ。評価凄く高いけど、やっぱ買うべき?
[PR]
by Dusty1 | 2004-10-09 20:08 | 雑記
<< 戦闘力まだまだ低下中 uhaa >>