パウダーランはスノーボードの醍醐ミー

エスティマハイブリットって、エンジン止めた状態でエアコン使えるの?何時間も使えるのかな。

最近とんとゴブサタだけど、何年か前までは冬はずーーっとスノーボードばっかやってて、ピークの時は長野の白馬の近くの大町市ってとこに家借りて、4,5ヶ月くらい毎日毎日滑ってたな。
目覚ましテレビの今日の運勢のコーナーの自分のトコが見れるか見れないかくらいのタイミングで家を出て、車にお湯ぶっかけて雪溶かして乗り込んで、当時は白馬五竜とaraiと安比が滑れるシーズンパスがあったもんで五竜に行って、その年はかなりの雪の当たり年で1週間毎日夜のウチに降った雪がドカッと積もってたりとかしてて、なもんで朝イチはまだ荒らされてないパウパウのコースをドバーッと飛ばして、何本か滑って一服して、そのあとゲレンデ上部に行くゴンドラ乗って、コッチも上級者コースの中急斜面の方は全然雪が残ってて、しかも下よりもさらに雪がフカフカで思いっきり飛ばしてくと足が下に付かないで、やった事はないけどたぶんサーフィンとかの感覚に近い、普通じゃ味わえない浮遊感を感じながらゆっくりでーっかくターンしながら落ちていくのが最高。本当に最高。それ何本かやってまた一服して、そのままゲレンデ下部まで降りてパークの開いた頃を見計らって今度はパーク内にあるテーブルトップやウェーブ、レールで遊ぶんだけど、オレは飛んだり回ったり、特に回るのは全然出来ないからドキドキしながら飛んで着地して、レールに乗っかる。と。これはやりたい気持ちはあるんだけど正直コワいもんで2,3本でギブ。あとはチンタラ遊んだり時々滑りの練習を真面目にやってみたりしてると、午後には一人乗りのボロいリフトで行けるコースの整備が終わってオープン。ここはマジで上級者用の凄い斜度なんだけど、ちょっとした山の頂上から降りていくような感じで、距離は短いけどコース取りは全く自由、木々もなく、外国の森林限界超えたゲレンデにいるような気分にちょっとだけなる。んでここでもまたパウダーを頂く。うまく滑れると最高だけど、スピードも斜度も凄いもんだから、コケると超派手な事になる。一度雪の中に隠れてるウネリに気付かなくてコケた、っていうか飛ばされた時はたぶん15メートルくらいぶっ飛んだ。んでも着地というか落下地点もフカフカで、雪面に突っ込むときは真っ白いお風呂に飛び込んだみたいになった。その瞬間にゴーグルが吹っ飛んで後で探すのが超大変だったな。んでさすがに疲れて下のレストハウスで休んで、最後2、3本流して終わる、って感じで車へ。んで白馬唯一のジャスコか、長野に多いアップルランドっていうスーパー?みたいなところで買い物して家で晩御飯and飲み。と。そんな一日。

んでその時はともかく、家を借りる以前のシーズンはほとんど夜中に静岡出て、目的地で仮眠して朝から滑るっていう感じだったから、その時にエスティマハイブリットとかあったらよかったなぁ。エンジン止めてもエアコン使えるからすげぇ快適だよなぁ。ビバ自家発電。

よし、こんなもんでいいだろう。ホジホジ。
[PR]
by Dusty1 | 2004-10-24 13:29 | 雑記
<< 醍醐ミー2 キーワードで語ろう! >>