醍醐ミー2

よし。ネタもないし、レスをコッチに書いてしまおう。頭いいなオレ。
ん?…頭悪いのかな?

>Ro..
スケーターキタァ!
オレはオーリーが満足に出来なかったしケガも怖くて挫折しました。
あ、ノーズマニュアルだけはカナリ練習したよ。2秒くらいしか続かないけどw
スケート出来るって事だけでも尊敬に値すると思う。

サーフィン、スケートボード、スノーボードだと、ダントツでスノーボードが難易度低いね。
というか、やり始めてから立ち上がるなり、オーリーするなり、ターンなりが出来るまでがスノーボードだけとても簡単。
スケーターがボード始めると鼻歌まじりでモノ凄いスピードで上達するもんなぁ。
コンクリに激突するのに比べりゃ何でもないもんね。雪。逆wadge、なんちて。逆エッジさえ気を付ければ。

オレがスノーボード始めた頃は、えーと、12年くらい前かな?
その頃はアメリカなんかではニュースクールとかいうスタイルが流行ってたっぽくて、ジェイミー・リンとかブライアン・イグチなんかが有名だったな。
んで、みんなバギーパンツみたいなの履いてチェーンウォレットとか付けてて、ゲレンデいっても周りの人達超コワかったよw
まだまだスノーボーダーの絶対数が少なかったから、最近よりは純な感じというか、濃いスポーツって感じだったかな。
んでやっぱこの頃のノリがスケートの影響かなり受けてて、グランドトリックがかなり流行ってたなぁ。

オレはあんまりテクニカルな事は出来なくて、カービングターンとストレートのエアーばっか練習してた。
自分のウデの上達とともにソフトブーツも毎年毎年どんどん硬くなっていって、息が出来ないくらいのスピードで、デッカいターンで滑ってくのが快感になったな。

そこらへんの時に足が下に付かない新雪のトリコになってしまったと。
新雪なら、カナリの急斜でもイイし、すぐスピード落とせるし、浮いてるし、地面とのコンタクトを気にせずに体の力抜け切った状態で気持ちよ~くターンできるし、深くターンするとドバァァッ雪しぶき上がるし、ちょっとサーフィンっぽいカットバックが出来るし、落ち系のエアーでも着地しやすいし…、スゲェ気持ちいいんですよ。うん。
オレの中では大げさでもなんでもなく、「自由」を感じます。パウダーラン。「あ~生きてるなぁオレ」っていう実感もあるな。いやホントに。

おおっと。なんか語り過ぎた。ナゲー。

ところでマンモス稲子って分かんなかったんでググってしまった。オカマの人なのかな?まぁいいや。

ハナシ合いそうっていうセリフはパルチメン特有の何かですか?
Ro..で3人目なんですがw

ってか、…君Roiだよね?違ってたら恥ずかしいワ!



>BlackKnight

現役か!
初耳ですがなオヤジさ…もといBlackKnight!

朝イチのピステンがキレイにかかったコースを恐ろしいくらいの速さでカービングしていくのもいいですな~。
オレはソフトブーツだけど、アルペンライダーに仕掛けたり、超速いスキーヤーとかに付いてったり、日々努力は怠りませんでしたよw

ま、雪面が少し荒れてたり、斜度が大きくなってくると余裕でブッちぎられる訳ですがね…。
そんな時だけはハードブーツが少しうらやましかったりします。





さて、こんなブログでいいんでしょうかねココ…。
まぁいいか。三日に一回、いや四日に一回くらいは。
うーんせいぜい五日に一回くらいはこんな感じもいいよね。うんうん。
[PR]
by Dusty1 | 2004-10-25 23:19 | 雑記
<< 醍醐ミー3 パウダーランはスノーボードの醍醐ミー >>